昭和な団地で穏やかに楽しく暮らす♪

昭和30年代の古い団地で母と二人暮らし。 断捨離・シンプルライフを目指したい。

オタク独女。。。オタクを自覚したとき。

スポンサードリンク


 

 

来年40になるオタク独女ミーコです。

私、いつからアニメ好きだった?ふと、思ったこと。。。

 

保育園の頃から?小学校低学年の頃から?

アニメはたくさん見てました。

でも、自分が周りと違うことに気がついたのは小学4年生の頃。。。

アニメキャラに本気で恋してから(笑)

クラスの子たちは「「あのアニメ面白いよね」その程度の話ししかしないのに

私は本気でアニメキャラの男の子に恋をしてる。。。」

 

私おかしい?

 

なんだか好きな気持ちが周りの皆と違う?

私おかしくないか?と最初は自分の気持ちに悩みました。

作品は魔神英雄伝ワタルというアニメの中盤から出てきた

「虎王」という男の子。

寝ても覚めても虎ちゃんのことばかり考えていたし

たまたま行った本屋さんで魔神英雄伝ワタルの主人公が表紙のアニメ雑誌を

目にして初めてアニメ雑誌があることを知って、声優さんという存在も

分かって、今思えば、この作品に出逢ってなかったら今の私は無いんじゃないか

と思えるくらいのアニメだったと思います。

 

今でも、初恋は?と聞かれれば「虎王」なんです。

 

これってアニメ好き?

あ、私はアニメファンなのか!

 

小学4年生にしてアニメファンを自覚しました(笑)

その前にもたくさんアニメは見てましたが

「面白い」という感覚で見てましたので

アニメファンという意識はなかったです。

 

現実でも物事をひとつに向けることで見えなかったものが見えたり

異性に片想いするようになったら、それだけで世界観がグッと

変わることがあるように

大げさかもしれないけど、アニメも全体ではなく

一人のキャラクターを思うことで、気づかされることもあるんですよね。

 

この作品に出逢えてなかったら。。。

私は「子供の頃は少しアニメが好きだっただけの子供」だったかな?

そこで、アニメにハマらなかったら今の私は何を好きになっていただろう?

 

いや、アニメが好きじゃない

私なんてゾッとする。。。

 

それが今の私の率直な感想。

来年40になるというのに(笑)

でも、そのくらい、アニメは大切でオタクな自分が好きなので

40才を過ぎて50才、60才になっても

アニメ好きでいられたらいいなぁと

本気で思ってます。

10代の頃のようなドキドキワクワクするような

作品は今のアニメ界では少なくなってきてますが

それでも、この先も作品を好きになって

その中のキャラクターを好きになって

ドキドキワクワクできたら幸せですよね(^-^)

 

 

 

本当、おばさんが何言ってるんだ?って感じですけどね( ̄▽ ̄;)