昭和な団地で穏やかに楽しく暮らす♪

昭和30年代の古い団地で母と二人暮らし。 断捨離・シンプルライフを目指したい。

昭和な団地・玄関先をスッキリ!

スポンサードリンク


 

 

 

断捨離とは不思議なもので、色々な所がスッキリしてくると

ここも変えたい!そこも変えたい!と

色々出てくるものです。

 

f:id:mi-happy-tanosii:20161103200538j:plain

玄関先です。

ひどいでしょう?(笑)

ボロボロなベニヤ板に中途半端な、すのこ。

本来なら黒いはずのグレーと化したスチール棚。

端っこにはホウキと雪かきスコップが立てかけてあります。

 

 

本当に!今更ですが!

私、来年40才、母、現在70才という女性の二人暮らしとは?

ということも最近になって気になるようになりました。

 

そう思ったときに、この玄関先は「ないよなぁ」と思いました。

 

まずスチール棚を解体しました。

ベニヤ板も腐っている所を重点に足で(笑)解体。

ギリギリ、ゴミ収集車の方が持っていく大きさにしました。

中途半端な、すのこも処分しました。

灯油のポリタンクと、ホウキと雪かきスコップは庭へ。

 

 

 

 

f:id:mi-happy-tanosii:20161103201729j:plain

なにもない状態にしました。

ちなみにコンクリートブロックは雨の日に出先から帰った時に

濡れた傘を立てるのに肝心な役割をするので置いてあります。

こういうところはズボラ(笑)

 

 

 

f:id:mi-happy-tanosii:20161103202016j:plain

そして先日ダイソーで購入したプラスチックで出来たタイルを使用。

 

 

 

 

f:id:mi-happy-tanosii:20161103202256j:plain

少し中途半端ですが、最初の画像から比べると良いと思います。

 

 

 

 

いいね!と思ったらクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 団地・アパート暮らしへ