昭和な団地で穏やかに楽しく暮らす♪

昭和30年代の古い団地で母と二人暮らし。 断捨離・シンプルライフを目指したい。

超音波内視鏡検査を受ける前。②

スポンサードリンク


 

 

 

 

 

11月10日に超音波内視鏡検査を受けてきました。

 

通常の胃カメラ検査で

十二指腸に腫瘍が見つかりました。

その時、先生に言われたのが

「十二指腸粘膜下腫瘍」

 

先生いわく

十二指腸に出来ているのではなく

その名のとおり粘膜の下に出来た腫瘍。

十二指腸の中に出来てる腫瘍は危険だけど

十二指腸粘膜下腫瘍というのは粘膜の下に出来た腫瘍が

下から十二指腸を押してるような状態らしい。

悪性もあるけど、ほぼ良性だと思う。

胃腸に不調が現れず胃カメラで偶然見つかることが多い。

と通常の胃カメラで発見された時に言われました。

 

とはいえ腫瘍と言われればコワイです。

通常の胃カメラ後から超音波内視鏡検査まで

約4週間ありました。

その間、十二指腸粘膜下腫瘍や超音波内視鏡検査を

ネットで検索しまくりました。

 

しかし十二指腸粘膜下腫瘍に関してはほとんど、

情報がありませんでした。

 

超音波内視鏡検査は結構受けてる方が多くて

受けた方のブログを見ました。

 

多かったのが「苦しい」「痛い」という内容。

鎮静剤が痛いとか

鎮静剤が効かなくて眠れず苦しい思いをしたとか

結構、恐怖心を煽るような記事が多くて不安になりました。

でも、なにも知らないまま受けるよりは不安でも知っておいたほうが

いいと思いました。

 

 

色々、不安を持ちながら

4週間!

 

次は超音波内視鏡検査、当日のことを書きますね。

 

 

 

 

読んだよーという方はクリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ